部屋を見つけて借りるのに必要な費用

部屋を見つけて借りるのに必要な費用

賃貸住宅を借りるお金

賃貸情報サイトで見つけた住宅に住むためには当然お金がかかりますが、いったいどれくらいかかるのか、どんなお金が必要になるのか分からないという方は多いでしょう。ここでは賃貸住宅を借りるときにかかる費用についてお話します。

敷金や礼金などの初期費用

賃貸情報サイトで見つけた住宅を契約するには初期費用が必要となります。これは賃貸情報サイトでなく直接不動産会社で物件を探してもらったときも同様です。では、どのような初期費用が必要なのかというと、代表的なところでは敷金や礼金などが挙げられます。また、当月と翌月の家賃が前払いとなるケースが多いうえに、ほかにも保証料や保険料金などが必要になることもあります。

不動産会社に払う仲介手数料

初期費用に含まれるお金の一つに仲介手数料が挙げられます。仲介手数料というのは読んで字のごとく仲介してもらったお礼に支払うお金、という認識で良いでしょう。不動産会社に物件を仲介してもらったお礼として支払うお金で、これが不動産会社の純利益となります。仲介手数料は不動産会社や物件によってまちまちですが、最近では仲介手数料ゼロ物件なども増えています。

家賃と更新料

当然ですが賃貸住宅を借りて生活するようになると毎月決まった額の家賃を支払う必要があります。家賃が滞納してしまうと退去を求められることもありますので注意しなくてはなりません。また、契約の更新月には更新料が必要となります。契約が切れるタイミングで退去するのなら問題ありませんが、そのまま継続して暮らすつもりなら更新料を支払わなくてはなりません。

【2018年】使いやすさで比較する賃貸情報サイトランキング
  1. チャットで部屋探しができるアパマンショップの賃貸サイト
  2. テレビコマーシャルでもお馴染みのMASTはどうして人気なのか
  3. お得な仲介手数料を打ち出しているエイブルの特徴や魅力
  4. お役立ち情報が充実しているいい部屋ネット
  5. さまざまなこだわりからお部屋を探せるCHINTAI
  6. 物件検索方法が豊富なSUUMO
  7. 日本最大級の物件数を誇るLIFULL HOME’S
  8. 街の住みやすさをレビューで見ることができるスマイティ
  9. 「LINEで住まいさがし」が便利なアットホーム
  10. サイトの使いやすさが魅力のマイナビ賃貸